ホーム > 観光情報 > 当社基準Aランクホテル 日本海に面する輪島の温泉宿に泊まる さいはて奥能登・古都金沢 満喫旅2日間

観光情報

のとねっと

当社基準Aランクホテル 日本海に面する輪島の温泉宿に泊まる さいはて奥能登・古都金沢 満喫旅2日間

期間: 〜
日数:2日間
料金:39,900~72,900円
タイプ:添乗員または現地ガイド付き
阪急交通社
  • のと里山空港利用促進協議会 輪島市観光協会から助成をいただき実現いたしました!
  • 能登テリアの景勝地として有名な輪島にご宿泊!
  • 開祖700年を迎える總持寺祖院にて阪急交通社限定で秘仏公開♪


◆・*・◆・*・◆ 旅を彩る観光地 ◆・*・◆・*・◆

◎能登ワイン◎
能登半島の風土と気候を生かして広大な畑で栽培されたワイン専用ぶどう100%の本格生ワインを醸造しています。
熟成と共に味わいに深みが増し、口当たりがとてもフルーティーなワインがお楽しみいただけます。

◎見附島◎
高さ28メートルの大きな岩がそびえ立ち、軍艦がこちらに向かってくるかのような大迫力!
能登のシンボルでもある「見附島」は、弘法大師が布教のために、佐渡から能登へと渡る際に発見したといわれている島です。

◎須須神社◎
能登半島の先端に位置し、鳥居のすぐ目の前が海に面している景観の素晴らしい神社です。
日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建された由緒ある神社です。

◎禄剛埼灯台◎
明治時代にイギリス人の設計で造られた白亜の灯台です。
禄剛崎は、能登半島の最先端で、この岬は「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所で見れることで有名です。

◎すず塩田村◎
能登地方に400年以上前から伝わる「揚げ浜式」による製塩を行いながら、その伝統を伝えるために造られた塩の総合資料館です。

◎白米千枚田◎
石川県輪島市白米町にある棚田です。
日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、
それらの風景は2011年6月に「世界農業遺産」にも認定されました。
輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」開催期間:2021年10月23日(土)~2022年3月13(日)

◎輪島朝市◎
輪島の朝市は岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並び、日本三大朝市に数えられる日本有数の市場です。
歴史は古く平安時代に神社の祭礼日に魚介類、野菜等を物々交換しあっていたのが輪島朝市の起源といわれています。
売り手のほとんどが女性で、野菜などは近所の農家のおばちゃん、新鮮な魚介類は漁師町の女性たちが売りに出ています。

◎總持寺祖院◎
曹洞宗の大本山として瑩山紹瑾禅師(けいざんじょうきんぜんじ)により、1321(元亨元年)に創建されました。
1898(明治31年)の大火で境内は焼失し、本山は1910(明治43年)、神奈川横浜市鶴見に移り祖院となりました。
その後の再建で山門、仏殿、などがよみがえり、消失を免れた建物とともに、根本道場の威厳を伝え、
今も総ケヤキ造りの風格ある山門や仏殿、法堂などが残っています。

◎尾山神社◎
加賀藩祖・前田利家公と正室お松の方を祀る由緒ある尾山神社です。
全国的にも珍しい和漢洋の3つの建築様式が用いられた「神門」は金沢市の代表的な観光スポットとして有名です。
国の重要文化財にも指定されており、日本現存最古の避雷針が施されています。

◎玉泉院丸庭園◎
加賀藩三代藩主 前田利常による寛永11年(1634)の作庭から始まり廃藩時まで金沢城内玉泉院丸に存在していた庭園です。

◎金沢城公園・鼠多門◎
加賀百万石のシンボルである金沢城は、天正11年(1583年)に前田利家により本格的な建城が行われ、
明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城として置かれました。
度重なる火災により、石川門と三十間長屋以外の建物は全て消失してしまいましたが、平成8年(1996年)より金沢城公園として
一般公開がされ、平成20(2008年)に「金沢城跡」として国の史跡に指定されました。
2020年7月に140年ぶりの復元となる鼠多門が完成いたしました。

◎ひがし茶屋街◎
金沢文化を代表する茶屋街のひとつです。
情緒溢れる古い町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

お問い合わせ先